太ったクイーンのラクガキメモ

日記漫画、ラクガキ、雑記を書きます。

ネクタイ考察2

ネクタイの必要性を考えてみたい。

ネクタイのいいところ

まずはネクタイをしていてよかったこと。……よくわからないけど、ネクタイをしていて良かったと思ったことはない。思ったことはないけど、ネクタイで取引先に会って相手の顰蹙を買ったことないので、誰もが認める違和感のない格好なのだろう。※ただしクールビズを除く。

あとは、恋人がネクタイをくれて、そのネクタイをしめるのが嬉しかったりした経験はある。あるけど、別にそれネクタイじゃなくてもいいよねと言われたらそのとおりだ。

ネクタイの柄?好みのネクタイの柄にテンションがあがったりするのか?俺がディズニー好きでディズニー柄のネクタイをしていたらさぞかしテンション上がるかもしれないが、柄のこだわりはないのでそれもまたどうでもいい。強いて言うなら黒か紺のネクタイが好きだ。赤のネクタイとか恥ずかしいよ、ええ。赤は情熱的に見えるからとかどこかの就活情報誌に書いてあることそのまま言ったりできないよ。情熱的に見えるけど、本人が情熱的じゃなかったら意味ありませんよ。

ネクタイの悪いところ

以前にも書いているけど、ネクタイを締める行為自体がすごく面倒くさい。ネクタイ締めるだけで毎朝5分は無題にしてる。そして、ネクタイの長さがバッチリ決まらないときがあって、イライラする。俺の締め方も下手くそなんだけどね。

ネクタイを締める行為はまだいい、まだ。首周りが苦しいのが嫌だ。締め付けられる感じがして嫌だ。腕時計だってしたくないのになぜネクタイをしなくちゃならないのか。正直、まわりの先輩や上司がネクタイしているから俺もしているに過ぎない。「あいつネクタイしてねえな、だらしねえ」みたいにたかがネクタイひとつでマイナスの印象持たれてしまうのも悔しいし、残念ながら俺の会社はそんな雰囲気だ。それが嫌なら服装自由な業界に転職すればいいのかもしれないが、それができれば苦労しない。

ここまで書いて思ったけど、一番イヤなのはネクタイをしなくちゃいけない雰囲気ができあがっていることかもしれない。そしてその雰囲気に従っている自分も嫌だ。池井戸潤の小説の登場人物なら簡単に打ち破っていることも現実世界じゃ厳しい今日このごろですよ。クールビズ期間が終了すると一気にネクタイをしはじめることに嫌気が指すし、どこどこのおえらいさんが挨拶にくるからネクタイとジャケット着用必須とかお達しがでるのもほとほと嫌になる。ただ、飛び込みの営業が来て、その営業がラフな格好してると、「随分とお気楽な会社だな」と相手を信用しないので、俺も相当に毒されている。

今週一週間は三連休で平日も少ししかないし、ひとりでノーネクタイ週間にでもしようかな。我社のルールにネクタイ着用はどこにも書いていないことは確認した。

通年クールビズが最高

街を歩く人のネクタイ率が高くなった気がする。そうか、クールビズはもう終わりか。でも、ネクタイするだけで暖かさって変わるものなの? たとえ暖かくなったとしても、ネクタイを締めることの苦痛のほうが勝ってると思うぞ。ネクタイすること自体が面倒だし、首もしめられるし、なぜあのような非効率なものをするのが世間の一般常識となっているのか不思議でならない。自ら不利益を被ることにより、最終的には利益を得られるということなのかもしれないがネクタイ文化など廃れてほしいと思う今日このごろ。うちの会社もどこぞのメガバンクのように私服OKにしてくれないものか。

 

今更ながら、『宇宙兄弟』にはまった。最高に面白い。今までこの漫画読まずにここまで来たことが恥ずかしいくらい。

 

あと、自転車に乗りながらラジオを聴くのが好きだ。テレビ東京の佐久間さんのラジオと岡村隆史オールナイトニッポンが毎週楽しみで仕方がない。時点で、神田松之丞と火曜日のたまむすびだ。たまむすびはアメリカ流れ者が素晴らしい。アメリカ流れ者の書籍第二弾出してほしい。そして、電子書籍化もしてほしい。

 

すべてが面倒くさくなってきた

仕事での愚痴を書きたい。

 

  • 無駄な打ち合わせ。
    急に取引先が俺の上司に電話してきて、相談がしたいとか言ってきた。上司と一緒に対応したが、前にも相談があった内容とほぼ同じで、時間の無駄だった。「いや、その話一週間前に聞いたし、その内容で上司にも説明してるよ」と言いたかった。

    俺の上司まで話が伝わっていないとでも思ったのかわからないけど結局結論は同じで、ただただ1時間無駄にしただけだった。その時間を無駄にしたせいで、少し残業してしまったので、更に腹立たしかった。あいつめ。

    その上司にしてもいつまでも無駄話をして話を切り上げないので時間がかかってしまう。取引先と関係を悪くするわけにはいかないのはわかるけど、雑談多すぎるよ。もう少しコンパクトにしてほしい。卓上時計を用意して、打ち合わせは30分でお願いしますとでもすればいいだろうか。

  • メールを印刷
    また、別な上司は印刷魔で、受信したメールを印刷して配布してきたりする。メールを印刷して説明って何の意味があるの?転送かけりゃいいじゃない。ペーパーレスが推奨されている時代に何を時代錯誤なことをやっているのか。勘弁してほしい。

  • 無駄な式典
    今度、取引先の記念式典があるらしい。おえらいさんも呼ぶらしいけど、面倒で仕方がない。常々記念式典の開催に何の意味があるのかと思っていたけど、自分がその雑務をやらなくちゃいけないとなるとなおさら面倒になってくる。お呼びがかかってる上司との予定調整とか、断る理由の整理とか、行くにしたってその取引先との関係とかどんな案件で関わりあるのかとか説明するのがクソ面倒くさい。イベント会社だけが儲かる記念式典に何の意味があるのか教えてほしい。もっというと、冠婚葬祭も面倒くさい。葬式とかしみったれてるし、親戚が集まること以外の意味がない。

 

『あせとせっけん』を読んだ

 

あせとせっけん(4) (モーニングコミックス)

あせとせっけん(4) (モーニングコミックス)

 

 

『あせとせっけん』を読んだ。男の妄想を具現化したような漫画で、こんなんあるかよとおもいつつはまってしまった。素晴らしい。

匂いフェチの男が汗っかきの巨乳で地味だけど実はかわいい眼鏡女子に惚れるとかどこのおとぎ話ですか?だけど、最高だ。妄想が一番気持ちいいとはよく言ったもので、設定だけでお腹いっぱいだ。女性から見たら、気持ち悪いのかもしれないが、いいと思ったので仕方がない。作者もツボをよく抑えている。これが実は女性の作者だったらすごいなと思ってしまうが、男性だろうな。

 

こういう男の妄想をそのまま漫画にしたような作品は気持ち悪いことこの上ないのだけど、この漫画は主人公の男が仕事もできて、格好いいという設定なので、なんとか現実感を保っている。これが格好良くもないし、仕事もできない男だと妄想も大概にしろということで一気に気持ち悪さが増してしまう。イケメンだけが許されるということで心折れそうにもなるけど、そこはおいておいて、女主人公の麻子さんがかわいいので無問題。冒頭にもかいたけど、地味で巨乳でやさしい女性が現実にいるわけがない。しかも処女だし。だけど、漫画だからいいじゃん。男の妄想具現化してもいいじゃない。もうすぐ5巻が出るので買わなくちゃ。

 

ふたりソロキャンプ(3) (イブニングKC)

ふたりソロキャンプ(3) (イブニングKC)

 

 男の妄想と書いていたら『ふたりソロキャンプ』を思い出した。この作品は、ソロキャンプの達人の30代男主人公のところに、性格の良さそうなキャンプ初心者の巨乳20代女がよってくるみたいな展開で男の妄想全開である。こんな女の子いたらいいよねと誰もが思いますよ、ええ。最高に面白くて、ヒロインもかわいいのではやく続刊が出ないかなと思ってる次第ですよ、ええ。

楽しみなラジオが軒並み休みだった

自転車に乗ってたら、左折車と接触した。自転車に乗ってる俺を追い越して左ウィンカー出して曲がって接触するとかふざけてる。どんだけまわり見えてねえんだよ。俺が急いでブレーキかけなかったら普通に巻き込み事故になってたぞ。自転車は壊れなかったし、俺自身にも怪我はなかった。

運転手はおばさんだった。しかも、止まりもせずにそのまま走っていきやがった。「くそばばあ」と罵ってしまう。気がついてないわけない。もう一度言いたい「くそばばあ」。

 

曲がろうとしている車の動向には十分に気をつけないといけない。いい勉強になった。それにしてもあのくそばばあ。

せっかくの休日に楽しく自転車乗ってたのにテンションだだ下がりである。

 

今週はニッポン放送オールナイトニッポンのレギュラー陣が休みだったのか、他のパーソナリティの放送ばかりだった。水曜日の佐久間さんのラジオを楽しみにしてるのに残念で仕方がない。水曜日の深夜にリアルタイムで起きていることはできないのでいつもラジコで聴いている。木曜日にタイムフリーのラジコを調べて通勤中に聴いているのだけど、放送がなかった瞬間の絶望感。そういえば先週休みとか言ってたような……? 同じように岡村のオールナイトもお休みだった。こっちは確実に来週休みだとお知らせしていた。なぜそんな大事なことを忘れてしまうのか。そして、更に昨日はオードリーのラジオも休みだった。あぁ……お前もかという感覚だ。

十二国記シリーズの新刊『白銀の墟 玄の月』1巻と2巻を読んだ

十二国記シリーズの新刊『白銀の墟 玄の月』1巻と2巻を読んだ。待望の戴国シリーズの続刊なので発売日に購入して読んだ。この前の話も忘れてしまったので、その前の巻も読んだ。

面白かった。というか、3巻と4巻は11月発売ってどういうこと?という気分。早く続きが読みたくて仕方ないよ。新潮社の売り方に腹が立ってしまう。一気に発売せんかいと。あと、電子書籍で売らんかい。なんで、十二国記シリーズは電子書籍化されてないんだよ。そもそも、新潮社は電子書籍で発売される本も紙の本発売から半年後にするから始末が悪い。いやいや、同時発売しろよと。奥田英朗の新刊とかすぐに欲しいのに電子書籍が発売されていないから我慢してるんだ。

今やるんじゃねえよと思った話

相変わらず自転車ばかり乗っている。毎日乗っているので、体重も劇的に減ると思ったが、2キロほど減っただけで、後は変化がない。自転車乗るとお腹が減るので、ご飯をおかわりしてしまうのが悪いのだろうか。多分それが悪いんだろうな。ご飯をおかわりするほど食べるなんて久しぶりだ。

 

この前、新幹線に乗った。乗車するときにイラッとすることがあった。

俺は新幹線を待っていた。新幹線が東京駅に到着し、乗客が降り、車内清掃が入り、乗車が可能になった。待機列の人たちが乗車口に入っていく。俺もあるていど待機列が短くなったタイミングで同じように並んだ。が、なぜか俺の並んだ列だけ進みが遅い。ほかの乗車口にできていた列はなくなっているのに。遅いながらも列は進み、新幹線内に入ったところで列の進みが遅かった原因がわかった。

 

入り口すぐの席、番号でいうと1列と2列の席が向かい合わせになり、4人がワイワイと話していた。この4人はおなじグループの旅行者なのだろう。あ?さっきおそかったの絶対こいつらのせいだろ。こいつらが1列目の席をくるっと回しただろ。

 

これが自由席だったらまだ俺も我慢できますよ、ええ。いや、ここ指定席ですから! 指定席だったら確実に座れるでしょ?なぜ、前に並んで、いの一番で席をひっくり返した!? というか席をひっくり返すって表現がおかしい気がするぞ……席を回転させたのほうが近いか? まあ、いいや、とりあえず、指定席なんだから後から乗車して、人が完全に乗り終わったタイミングで席をひっくり返すなり回転させるなりして自分たちに都合のいいようにすればいいんじゃないのかよ。アホか君たちは。平日の朝から旅行気分で新幹線乗りやがって羨ましいぞ僕は!! 

 

ここまで書いて文章化までするようなイラッとした出来事でもない気がして反省。でも、せっかく書いたのでそのままにする。イライラしちゃいけませんな……。