読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太ったクイーンのラクガキメモ

日記漫画、ラクガキ、雑記を書きます。

『神様の言うとおり弐』21巻を読んだ

漫画感想

f:id:afatqueen:20170224230712j:plain

 

神さまの言うとおり弐(21)<完> (講談社コミックス)

神さまの言うとおり弐(21)<完> (講談社コミックス)

 

 

『神様の言うとおり弐』を読んだ。21巻が最終巻となる。

デスゲーム系の漫画なのだけど、途中まではすこぶる面白かった。主人公たちが特殊能力みたいなものを身に付けて、神さまを競う同じ歳の高校生たちも人間のはずなのに、トンデモ能力を持っているこんな高校生、いや人間なんているかよな高校生が登場した当たりから失速してきた。それでも面白い漫画には変わりなかったのと、ラストが気になっていたので読んできた。

 

ラストを読んだ率直な感想は……うーん……かな。

うまくまとめたよ。確かにうまくまとめた。お茶を濁したような、とってつけたハッピーエンドなんかよりよっぽどいいけど、爽快感は全くない。そもそも、明石と丑三っていつの間にそんな友情育んでたの? いや、まあ、死線を2人でくぐり抜けてきたんだから大親友になってもおかしくないんだけどさ。丑三清志郎の決断は、物語上あれしかないとは思いつつ、悲しい決断で歪んだ決断だな。

 

映画のミッション8ミニッツのオチに似てなくもない。全然違うけど、方向性は一緒だと思うんだよね。うんうん。とりあえず、おすすめ。

未読本が60冊もあった

日記2017

 

f:id:afatqueen:20170222005201j:plain

継続することの難しさを痛感する日々だ。

早起き生活を送ろうと思って実践できたのは2週間だった。先々週は週に1度の早起きとなり、先週は1回も早起きすることなく終えた。早起きしたかしないかが与える影響はほとんどないが、自分でやる気をもって初めたことなのに2週間程度しか続かないことに愕然とした。明日こそ…早起きして読書するんだ。

 

読んでない本を数えてみた。60冊もあった。俺の本をよむペースは1週間に1冊程度なので、60冊を読もうと思ったら1ヶ月に多めに見て5冊として12ヶ月、つまち1年もかかってしまう。今年出る本を読むことを我慢すればやっと積読本が読める計算だ。

 

さすがにこれはまずいということで、今週から3月にかけては読書週間・読書月間にしようと思う。とりあえず、この2月と3月で読んでない本を20冊くらいは片付けたいところ。買ったのに読まないなんて勿体無いし、読めばそれだけ面白い物語が読めるのだから悪いことはない。

 

というわけで、明日は早起きして読書しようと思う。グッナイ

朱川湊人『冥の水底』を読んだ。

小説感想

 

冥の水底

冥の水底

 

 

f:id:afatqueen:20170215223413j:plain

 

朱川湊人の『冥の水底』を読んだ。

この人の本は相変わらずおもしろい。オオカミ男みたいに変身できる一族が実在したら?を真面目に物語に落とし込んでいる。彼らはマガチと呼ばれ、東北の山奥で暮らしていた。昭和時代にマガチの少年が東京に出て暮らしていくパートと、現代の医者がマガチの一族とふとしたことで関わっていく現代パートに分かれている。

 

マガチの主人公の少年時代パートが特に面白かった。マガチの少年パートは少年が密かに想いを寄せる女の子に向けた手紙の体をとっているんだけど、10代の少年が苦労して東京で暮らす姿に涙してしまう。

 

この本を買ったのは確か半年以上前だったはず。やっと読むことができた。買った本はできるだけ早く読むようにしたい。次はヒュー・ハウイーの『シフト』を読もうかな……。三部作で一番目の作品読み終わってからこっちも大分経ってしまった。結末が気になるのでさっさと読もう。もうほとんど忘れてるけど。

お風呂にお湯をためていたと思ったら水だった

日記2017

f:id:afatqueen:20170214225052j:plain

冬にガッカリする出来事といえば、お風呂にお湯をためていたと思ったら実は水をためていたとき以上の出来事はない。え?そんなことないって?

 

都市ガスの給湯器のスイッチを押してからお湯を出す。温度が適温か確かめてから、お湯がたまるのを待つ。給湯器のスイッチがお風呂場の入り口のすぐそばにあるのだけど、どうやらそのスイッチを無意識に消してしまうことがあるようだ。

 

普段シャワーでお風呂を済ませてしまう。お風呂場に入るときに給湯器のスイッチを入れて、出るときに切る。この習慣が身についてしまい、お湯をためている最中にもかかわらずシャワーを浴びたときと変わらずお風呂場から出てスイッチを切るというアホなことをしてしまったようだ。さっきから”ようだ”が続いているのは給湯器のスイッチを切ったことを全く覚えていないから。

 

浴槽に水が溜まっていたときはショックで「ガス設備が壊れた!」と思ったけれど、そんなはずがない。機器が壊れていないのであれば、考えられる原因はひとつしかない。俺が切ったことが原因だ。

よし、今日こそはお湯をしっかりためるぞ!と気合を入れてお湯を出して、浴槽を出た。無意識に給湯スイッチに手が伸びていたことにびっくりした。本当に無意識で消してるじゃん……えぇ……。

 

 

今週は遅起き生活

日記2017

 

f:id:afatqueen:20170209235524j:plain

先週は早起き頑張っていた。が、今週はもうだめだ。全く早起きできない。目覚ましだけは朝の5時半に設定してるけども、5時半に目覚ましを止めてから二度寝する。今週はそればっかり。「もう少し寝させてくださいお願いします」と心の良心に懇願して、二度寝する。気がつけば7時になっていたりするのでびっくりする。

すぐに実行するのはいいけど、継続しないと意味が無いとつくづく思う。よし、明日の朝こそ頑張るぞ。明日早起きできたらこの前読んだ小説の感想を書きたいと思う。頑張れ明日の俺!(結局寝坊しましたと報告する壮大なフリに思えて仕方ない)

約束のネバーランドを読んだ

漫画感想

 

f:id:afatqueen:20170207221506j:plain

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 『約束のネバーランド』を読んだ。

めちゃくちゃおもしろかった。まだ2巻までしか出てないけど、続きが気になる漫画だ。

主人公のエマはある孤児院で暮らしている。そこには子どもたちの母親代わりのやさしい保護者ママがいる。その孤児院でクラス子どもたちは12歳になるとその孤児院を出ていくことになる。

里親が見つかったために孤児院を出ていく子供がいた。その子は大好きなうさぎのぬいぐるみを置いていってしまった。エマはそのぬいぐるみを届けるために、ママから近づいてはいけないと言われていた門まで届けに行った。

エマが見たのは、死んだ子供だった。なぜ?死んでいる?驚いていると、異形の姿を持つ怪物が現れた。急いで物陰に隠れるエマ。

大事な食料だからと言いながらその怪物は瓶のようなものに死んだ子供を入れた。エマは自分たちが怪物の餌となるために孤児院で生かされていたことを知る。外の世界はどうなっているのか?ママはそのことを知っているのか?疑問は尽きないが、孤児院を脱出することをエマは決意する。

 

……はい、クソ面白かったです。ネットで評判がいいと書いてあったので読んでみました。ええ、ミーハーですよ。絵柄も面白くて好き。個人的には伊藤悠に似てると思った。2巻まで一気読みしてしまったので、早く3巻が読みたい。今はサスペンスよりでドキドキしながら読んでるけど、間違ってもバトル展開にはならないで欲しい。バクマンのシュージンが実在したら描きそうな漫画だ。

あ?俺疲れてるかも?と思う瞬間

f:id:afatqueen:20170202213738j:plain

 

あ、俺疲れてるかも?と思う瞬間。

出勤して、鞄を置いて、コートを脱いで、パソコンを立ち上げようとして、あれ?何かおかしいないつもと違う気がするな?と思って、ベルトをし忘れたことに気がつく瞬間だ。

 

ベルトがなくても、ズボンがずり下がることがないので、朝バタバタしているときとかついついやってしまう。それでも、余裕があるときはベルトを忘れていたことに気がつくのだけど、そのまま気が付かずに出勤してしまうことがあるので困ってしまう。

 

今の時期は上着を着ればある程度ごまかせるものの、ベルトをしないでいるなんて4月になって学生服を着始めた中学生みたいで恥ずかしい。ベルトなんてネクタイと同じで外見をそれっぽく見せるぐらいの効果しかないとは思うけど、ないと何か変じゃない?と思ってしまうから不思議だ。ベルトには最低限ズボンがずり下がるのを防ぐという役目もあるからネクタイと一緒にしたらかわいそうか。ネクタイなんてこの世から滅べばいいのに。ネクタイを考え出して推し進めた奴とか滅びればいいのに。小池都知事には年間ノーネクタイみたいな政策を推し進めて欲しい。橋本元大阪市長の基本ノーネクタイの格好素晴らしい。一部の企業でも金曜日はカジュアルな格好をする動きも見られるけど、是非ずっとやってほしい。

というかそこまでネクタイを毛嫌いするならネクタイする必要のない業界に入ればいいとか無粋な突っ込みをしたくなる人もいるかもしれないが、そんな声は聞こえない。それができれば誰も苦労はしない。というか、私服で出勤というのはそれはそれで困る。服持ってないので、スーツが楽。楽でそれっぽい服装が一番好き。