太ったクイーンのラクガキメモ

日記漫画、ラクガキ、雑記を書きます。

2018年に読んだ本ベスト4と2019年の目標

f:id:afatqueen:20190105174549j:plain

あけましておめでとうございます。2019年ですね。いつの間にかだよ、ええ。

ということで、毎年恒例の2018年に読んで面白かった本ベスト4を紹介する。ベスト3にしようと思ったけど、3つに絞れなかったので4つにした。

 

4位 『悪果』黒川博行

 

悪果 (角川文庫)

悪果 (角川文庫)

 

 不良刑事が主人公で、すこぶる面白かった。エンタメ作品なので、読んでいてすごく楽しい。この作家の作品を読むこと自体が初めてだったので、お気に入り作家を発見してうれしかった。この人の著作は2019年も買いたい。

 

3位『ロンドン狂瀾』中路啓太 

ロンドン狂瀾(上) (光文社文庫)

ロンドン狂瀾(上) (光文社文庫)

 
ロンドン狂瀾(下) (光文社文庫)

ロンドン狂瀾(下) (光文社文庫)

 

 ロンドン軍縮会議を描いた小説。文句無しで面白かった。上下巻あっという間に読んでしまった。こういう昭和の転換期を題材にした小説をもっと読みたくなった。

 

2位『孤狼の血柚月裕子

孤狼の血 (角川文庫)

孤狼の血 (角川文庫)

 

 これも2018年のヒット作者。この人の作品を見つけることができてよかった。最高に面白い小説。

広島の架空の街を舞台にして、やくざ同士、やくざと警察の抗争を描いた作品。作者自身が仁義なき戦いを見て書いたというだけあって、仁義なき戦いの小説版という雰囲気だ。といっても、私自身は小説を読んで仁義なき戦いを見たので逆の順番で見た人が同じ印象を受けるかどうかはわからない。amazonのレビューを見ると、仁義なき戦いのパクリだとかいう批評もされていたので、仁義なき戦いファンには面白くないのかもしれない。

 

1位『ぼくは猟師になった』千松信也

 

ぼくは猟師になった (新潮文庫)

ぼくは猟師になった (新潮文庫)

 

 タイトルの通り、猟師になった著者の話。罠猟専門の猟師ということでなおさら珍しい。著者は京都大学を出ているのに、猟師になった変わり者でそれだけでも面白いし、罠をつかってイノシシを取るまでの話も面白い。イノシシ鍋が食べたくなった。

 

つぎに今年の目標である。ちなみに、去年の目標は次の3つだった。

 

1 早起き

2 運動

3 英語 

 

1つ目の早起きは、まあまあ達成できた。平均すれば1週間に2〜3日は早起きできた。理想は毎日早起きなので、2019年も引き続きか。

2つ目の運動もまあまあ達成できた。早起きしてランニングすることを日課にすることができたのでそこそこの達成率。でも、寒くなった冬は運動する日が減ったのでまあまあの達成率というところ。

3つ目の英語は英語の小説を読むだけで終わってしまった。それだけでも今までの体たらくから比べれば立派なんだけどもう少しやれたかなという感覚。一応、原書を10冊読むって去年は書いたけど、2冊しか読めなかった。

ということで、2019年の目標は、

 

1 英語(原書を5冊読む)

2 運動(体重5キロ減)

3 早起き

 

Vコーンのキャップ

f:id:afatqueen:20181218195822j:plain


水性ボールペンのVコーンにハマっている。書き心地が中々よい。

というわけでここ最近Vコーンを使い続けていたんだけど、キャップの柄の部分とでもいえばいいのか、胸ポケットやノートにひっかけるときに便利なあの部分が折れてしまった。安いボールペンなのでよくあることなのだけど地味にショックだった。ああ、Vコーンが。

 

それはそうと個人的には水色が好きなので、水色のインクが使えるVコーンなんてないものだろうか? 東急ハンズにでも行って買ってこようかな。

高級椅子の同僚

f:id:afatqueen:20181207183848j:plain

高級椅子に座っている同僚の話をしたい。彼は2ヶ月ほど前にこの部署に来た。それから一週間ほど経った後に、彼は言った。

 

「椅子の調子がおかしい」

 

試しに座って見たが、特におかしいところはない。新品ではなく結構使い古されているのできれいな椅子ではないし、見た目も安い椅子だけど、使えないわけではない。

ところが、彼にとっては椅子の基準は満たしていなかったようで、納得していなかったようだ。

 

更に一週間後のある朝、彼は見慣れない椅子に座っていた。黒の革張りで背もたれも高い。今まで使っていた布地の椅子とは全然違う。 あれ?なんだあの椅子?

 

「あの椅子って新しく買ったの?」

 隣にいる同僚に聞いてみた。

「いや、あれは彼が自腹で買ったみたい」

 

ええ!!? 自腹で椅子を!? そこまでこだわっていたとは知らなかった。腰でも悪いのかもしれないけど、そこまでする? という感じだった。むしろそこまでするなら最初から自分のお気に入りの椅子を持ってくればよかったのに。変なやつだ。

かぶがおいしい

f:id:afatqueen:20181205072718j:plain


かぶがスーパーで安売りされていた。

かぶが入った味噌汁は嫌いだったので、シチューに入れてみた。ほくほくしてすごくおいしい。かぶってこんなにおいしいんだっけ? って感動するくらいおいしかった。

 

今日は早起きできたので自転車に乗れた。気温も高めだったので気持ちよかった。もう、ビール飲んで寝たい。

鼻のブツブツ広告にイラッとくる

f:id:afatqueen:20181204070413j:plain

ネットサーフィンしてて、そのサイトに出てくる広告にびっくりすることがある。

特に鼻のブツブツがきれいになります!系の広告がびっくりするし、気持ち悪くて最悪だ。その広告を見つけたら、バツボタンとか押してるんだけど、表示が止まる気配はない。

テレビのCMと同じか……。見えるのも一瞬なのでテレビCMよりはマシかもしれないと思って我慢しよう。

 

昨日はランニングした。今日の朝は、小雨がぱらついてたので自転車は諦めてランニングした。ランニングだけでも疲れる。牛すじ煮込みラーメンが食べたい。

旅猿にはまっている

f:id:afatqueen:20181202003511j:plain

f:id:afatqueen:20181202003521j:plain


旅猿にはまっている。

以前は、芸人がまったり旅してる番組を見て何が楽しいのと思っていたけど、すごく楽しい。面白い。岡村がキャンプで火を扱い始めると黙るのとかすごくいい。

 

基本、ゆるい雰囲気なので、疲れてるときでも気軽に見れるのが最高だ。

アップした絵は東野と岡村のつもり。

自分が人見知りだと思った瞬間

f:id:afatqueen:20181130211045j:plain

人見知りだと自覚するときが多々ある。

人見知りというか人嫌い? 面倒くさがり? 特に仕事の関係者とお昼ご飯を食べに行くのが苦痛で仕方がない。友達とか気を使わなくていい同期なら全然問題ないんだけど、同僚となると面倒で仕方がない。

 

まあ、お昼休みなので和気あいあいとくだらない話をするときもあるけど、まず並ぶのが面倒くさいんですよ。なんで、いい歳こいた大人が何十分も並ばないかんのよ。その時間を利用して、同僚と仲良くなればいいんだけどそれができれば苦労しないんですよ。100歩ゆずって並んでる間に同僚と話すことはまだマシなんですよ、ええ、まだ耐えられる。一番耐えられないのは、自分が食べたいものが食べられず、自分が食べ終わっても食べ終わってない同僚に合わせるためにすぐに席を立てないことですよ。俺は、食べたいものを食べて、食べ終わったらすぐに席を立ちたいんですよ!! こんなことを切に訴えてる時点で俺は同僚と一緒にランチするのは止めたほうがいいんだろう。自覚してるよ、うるせえな!

 

今日中華料理屋に一人で行ったら、中の良さそうな30代サリマーン男の4人グループがいた。すごく楽しそうにご飯を食べてた。飲み会の話がどうとか、仕事の話がどうとか、「俺たち頭いいでしょ??」と言わんばかりのトーンでよくわからない横文字も交えながら話していた。いけすかねえ。でも、楽しそうでちょっとうらやましいかも。いや、俺も飲み会ならいいんですよ?飲み会は大好きなので、仕事の同僚だろうが、友達だろうがそこそこ楽しめるんだけど、ご飯食べた後に仕事が入ると思うと、昼休みはリラックスしたいとか軽めにしたいとか思うわけですよ。というか、お昼ご飯ガッツリ食べると俺は眠くなるんですよ。午後イチの打ち合わせで何度居眠りしてしまったことか。あと、人にものを尋ねるのができない。お店の人に聞けばいいのに意地を張ってというか、恥ずかしくてきけない。……さて、ビールでも飲もうかな。